スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県議辞職でトリプル選 選挙費削減ならず 滋賀県選管(産経新聞)

 参院選と知事選の同日選効果で約6000万円の費用削減を目指していた滋賀県で、県議1人が参院選比例代表に立候補するため任期途中で辞職し、参院選と同じ投開票日で県議補選(欠員1)が実施されることになった。トリプル選になり、選挙費用は、さらに約8000万円が必要となることが12日、判明。結局、費用は予定より約2000万円上乗せになり、県の“思惑”が外れた形になりそうだ。

 県は、参院選と知事選が別々の日程で行う場合の費用をそれぞれ約6億7700万円、約5億9200万円と想定。これをダブル選にできれば人件費など約6000万円を削減できると試算していた。平成10年の参院選と知事選のダブル選で約2億円を削減しており、今回も試算を上回る削減の可能性もあった。

 ところが、県議の1人が今月7日、参院選比例代表にみんなの党から立候補表明し、県議会は任期途中の辞職を許可。公選法では、知事選の年は、県議会が本来補選の対象にならない欠員1となっても同日選とすることを義務づけている。滋賀県議選は来春の統一地方選挙だが、補選を実施しなければならなくなり、約8000万円の選挙費用を投入せざる得なくなった。県選管の担当者は新たな出費に「こればかりはどうしようもない。粛々と業務を続けるしかない」と話している。

【関連記事】
滋賀県知事選、ダブル選ならず選管困惑
亀井担当相辞任 郵政を政争の具にするな
「首相に軽視されている」不安募らす連合
石原知事「亀井はニヤニヤ笑っていると思う」
橋下知事「選挙で戦って、政治的に動かす」

ソニー製ブラウン管TV発火の恐れ…337機種(読売新聞)
【沈む島の真実 キリバスから】旧日本軍の痕跡(産経新聞)
<水の事故>女児救おうと41歳女性死亡…千葉・九十九里浜(毎日新聞)
消費増税なら連立離脱も=参院選後、民主決定で―亀井氏(時事通信)
居酒屋店主殺される=首に傷、服に焦げた跡―静岡県警(時事通信)
スポンサーサイト

<鳩山首相退陣>「捜査の影響分からない」 法務・検察幹部(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は自身や民主党前幹事長、小沢一郎氏の元秘書らが政治資金規正法違反に問われた「政治とカネ」の問題を辞任理由の一つに挙げたが、事件を摘発した法務・検察の幹部からは急展開に驚きの声が上がった。

 ある幹部は「驚いたが、一義的には辞任理由は普天間問題での迷走ぶりではないか。捜査の影響がどこまであったのかは分からない」と困惑気味に話した。別の幹部は「マスコミの過度な事件報道の影響はあったのではないか」と分析しつつ、「こういう事態まで想定した捜査などあり得ない」と強調した。

 検察が5月に2度目の不起訴処分にした小沢氏については、4月に「起訴相当」と議決した東京第5検察審査会が今後、第2段階の審査を進める。幹部の中には「(審査を担う)一般の人たちは政治家が地位を失えば許す発想にもなるだろう」と、「起訴相当」が見直される可能性があるとの見方もあった。

【関連ニュース】
鳩山首相:記者団との質疑応答取りやめ 記者会は開催要請
鳩山首相退陣:「生活重視」も財源の壁
鳩山首相:「次の総選挙出馬せず」
民主代表選:菅副総理が出馬の意向示す
鳩山首相辞任:国民新、郵政改革法案の成立求める考え

成田エクスプレス、長野電鉄に「移籍」(読売新聞)
<APEC>閉幕 保護主義の抑止に向け閣僚声明も(毎日新聞)
鳩山路線の継承強調 菅新代表の「政見演説」と当選あいさつ(産経新聞)
「政権空白」ないよう指示=鳩山首相(時事通信)
<中3監禁>学校側見抜けず 09年9月から不登校(毎日新聞)

緊急無線、特殊気象で無関係の電車も止める(読売新聞)

 27日午前8時30分頃、大阪府高槻市のJR東海道線摂津富田駅付近を走行していた普通電車の運転士が線路に人が入っているのを発見したため、後続列車などを緊急停止させる防護無線のボタンを押した。

 安全確認後、運転を再開したが、約10キロ南東の大阪府枚方市を走る片町線の複数の電車も防護無線を受信して停車した。このため、尼崎発京田辺行き普通電車が駅間に約20分間停車、5本が運休するなど約1万300人に影響した。

 JR西日本によると、防護無線は通常、放射状に半径約1キロの範囲で伝わる。ところが、電波を反射する特殊な気象状況が上空に局地的に発生したため、想定以上の場所にまで電波が伝わったとみられる。

 周辺に大きな障害物がない場合にも防護無線が遠方に届くといい、神戸方面を走る東海道線の列車が作動させた防護無線が大阪湾を飛び越え、無関係な大阪府南部を走る阪和線の列車に伝わるケースもあるという。

“橋下派”外しで自・民・公が結束…大阪府議会(読売新聞)
江本氏の比例公認決定=国民新(時事通信)
<訃報>中川順さん90歳=元テレビ東京社長(毎日新聞)
<口蹄疫>新たに5市町9農家で疑い 宮崎(毎日新聞)
<原爆症訴訟>78歳女性を認定 千葉地裁判決(毎日新聞)

<コンテナ戦略港湾>伊勢湾「安さ」PR 名古屋、四日市港(毎日新聞)

 国土交通省が進める国際コンテナ戦略港湾選定のプレゼンテーションが17日、同省であり、「伊勢湾」で名乗りを上げている名古屋、四日市両港の管理組合などが地価の安さや将来性などをアピールした。「京浜港」「阪神港」に比べてコンテナ取扱量が少ない伊勢湾だが、プレゼン後、河村たかし名古屋市長と野呂昭彦三重県知事らは前原誠司国交相に面会し、選定を求めて懸命の訴えをした。

 プレゼンで名古屋、四日市両港管理組合は、コンテナ取扱量を08年の計280万TEU(1TEUは20フィートコンテナ1個分)から15年には365万TEUに増やし、将来的には1100万TEUまで伸ばす計画を説明。埋め立て地を活用した経済特区構想や、東京、大阪に比べて地価が4分の1と安く、開発コストを抑えられる点などを強調した。

 国交相との面会で河村市長は「地価が安いのが大きい。公的負担が少なくて済む」と訴えた。面会後、記者団に河村市長は「選定に外れたら輸出産業にとって大打撃。(民主党政権が)そんなことをするはずがない」、野呂知事は「(選定に当たる)専門家がしっかり評価してくれる」と強気の姿勢を示した。

 国際コンテナ戦略港湾は国際ハブ(拠点)港湾を目指して国交省が重点投資する。伊勢湾のほかに▽京浜港(東京、川崎、横浜港)▽阪神港(神戸、大阪港)▽北部九州港湾(博多、北九州港)が応募し、国交省が1~2カ所を選ぶ。伊勢湾はコンテナ取扱量で京浜、阪神両港に引き離され、関係者の危機感は強い。【加藤潔】

<みんなの党>新人の松田氏擁立 参院選東京(毎日新聞)
「首相発言案」社民に配慮、連立亀裂回避狙う(読売新聞)
首相の軽さ、国益損なう=渡辺喜氏(時事通信)
自民党 青木幹雄氏、参院選出馬を断念 軽い脳梗塞で入院(毎日新聞)
新幹線延伸は別問題=もんじゅ再開での地元要望に―前原国交相(時事通信)

爪は健康のバロメーター 手入れで健康管理に一役(産経新聞)

 爪(つめ)は健康のバロメーターといわれる。二枚爪などの爪のトラブルは貧血のほか、内臓疾患など体の病気の兆候であることも多い。普段からこまめに手入れをし、爪の色や形状の変化をチェックすることで健康管理に役立てたい。(小川真由美)

  [フォト]平井理央アナ、“金”ネイルで日本選手を応援

 ◆鉄分不足は要注意

 日本ネイリスト協会理事で、カネボウトータルビューティアカデミーのネイルカレッジ長、萩原直見さんは「夏はネイルを楽しむ人も多いが、健康な爪が大前提。病気のサインでもあるので侮らないでほしい」と呼びかける。

 爪のトラブルは多岐にわたる。先端の表面が薄くはがれた二枚爪は男女比1対2の割合で女性に多い。このトラブルは貧血の人は要注意だ。爪の生え際から数ミリ内側部分には爪母(そうぼ)細胞(爪を生み出す細胞)がある。この細胞で鉄分が不足すると、二枚爪のほか、スプーンのように爪が反り返る「スプーンネイル」になることもあるという。

 けがなど明らかな外傷がないのに爪の面積が大きく、指先を包むように丸みを帯びるバチ状爪が両手足すべての指に出ている場合は心臓や肺の疾患が原因。正常より薄く弱い人は栄養不良や皮膚の病気、爪が白い人は肝硬変や腎障害などの可能性があるそうだ。

 ゴム手袋の着用などで爪を保護しても、症状が改善しない場合は専門医を受診した方がよい。爪の状態が悪いままネイルをしたり、除光液を使ったりすると、細菌感染で爪が白や緑、黒などに変色するという。一般に内臓疾患が原因の爪のトラブルは疾患が治癒すれば解消されることが多いという。

 ◆ハンドマッサージ 

 トラブル対策として普段からの手入れも大事だ。

 爪を切る際、爪先(先端の白い部分)は0・5ミリくらい残す。肌に含まれる水分が約30%に対し、爪は12~16%と少ない。乾燥しやすいうえ、爪を短く切りすぎると指先に衝撃を受けやすく、乾燥がさらに進んでトラブルの元になる。除光液も使いすぎると水分と油分が失われ、爪が割れやすくなる原因になる。

 二枚爪は雑貨店などで売られている専用の接着剤(ネイルグルー)を爪の割れた部分に塗り、表面を爪やすりで削って整える。ちなみにネイルグルーは洋服やカーペットなど繊維に付着すると約百度に発熱するので注意が必要だ。

 週1回以上のハンドマッサージで血行を良くしたり、ネイルの持ちを良くするトップコートを爪に塗ったりするだけでも爪の保護や乾燥を防ぐのに効果があるそうだ。

 萩原さんは「指先を守る爪を常に良い状態に保つのは体調管理に役立ち、手元も美しくなる。生活に不可欠なケア」とアドバイスする。

 ■「つけ爪」トラブル続発

 国民生活センターには、爪の上に人工爪を被せる「つけ爪」のトラブルが報告されている。トラブルの内容は「つけ爪を付けたら自爪にカビができた」「つけ爪をした2日後から左手が腫れた」「つけ爪を取る溶液で左手の指先から指の間がただれた。内科を受診し、抗生物質を服用」-など。

 同センターでは、(1)化学物質を大量に使うつけ爪は爪への負担が大きい(2)つけ爪用の溶剤はかぶれや引火に注意(3)消毒など施術時の万全な衛生管理(4)サロン選びを慎重に(5)時々、爪を休ませる-ことを指摘している。

【関連記事】
健康面で影響も 靴の履き崩し、どうする?
深キョン、益若ら5名が「ネイルクイーン2009」受賞
20代女性3割が喫煙、全国平均の倍 新潟
ライオンや花王「美白歯磨き」強化 「抗加齢」取り込み 収益底上げ
少子化を止めろ!

女性頭部に殴打の跡=殺人で捜査本部設置-鶴見川遺体事件・神奈川県警(時事通信)
日本一の大阪ブドウ復活を 駒ケ谷地区再生へ熱い思い(産経新聞)
<富士山>青木ケ原樹海で清掃ツアー ごみトラック2台分(毎日新聞)
コンビニ強盗関与か、包丁所持の19歳自衛官を逮捕 京都・舞鶴(産経新聞)
不適切行為で老健施設に改善勧告―宇都宮市(医療介護CBニュース)
プロフィール

みなとあいこ

Author:みなとあいこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。